BLOG

現場日記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ホロスコープ
  4. 魚座木星期の始まり

魚座木星期の始まり

今日は今年2度目の木星が魚座へ入りました

木星の公転周期は約12年なので、約1年で1つのサイン(星座)を移動していきます
水瓶座、魚座、牡羊座は通り過ぎるのが早いです

🌟2021年2022年の木星の🌟
2021年5月14日 木星魚座へ(1回目)
2021年7月27日 木星水瓶座へ戻る
2021年12月29日 再度木星魚座へ←今ここ
2022年5月11日 木星牡羊座へ(5月11日~10月27日木星牡羊座)
2022年7月29日 木星牡羊座8度逆行
2022年10月28日 木星逆行中魚座へ(3回目)
2022年11月24日 魚座28度順行
2022年12月20日 木星牡羊座へ

木星のキーワードは
拡大、繁栄、幸運などをあらわし、毎年の星回りで木星が通っていくサイン(星座)とその部屋(ハウス)のことに何か繁栄することや、幸運があると言われます

木星がやってきたときは、前向きになる、そこにチャンスがあるような気分になる、社会との接点や、社会が木星のあるホロスコープの部屋に期待したり、チャンスが巡って来るような事柄があるかもしれません

木星は基本的に繁栄、発展させる影響を持つので、空の木星がご自身のホロスコープの天体に90度、180度などの葛藤の角度に来ると、そこの部屋のことをやりすぎたり、請け負いすぎたりと大忙しになってしまったりすることもあります

魚座に木星が来ると、木星は魚座の支配星なので、木星の拡大、繁栄力の影響が強くなります
魚座の季節は、もうすぐ暖かくなる春のサインなので、希望がある繁栄と喜びのサインです
魚座の人の愛は海のように広く、自他の境界が薄く、人への思いやりや優しさを大切にしているサインです
共感力は強いけど、魚座の共感力は広い範囲の中のもので、特定の人に執着するということではなく、
「来るもの拒まず、去る者は追わず」
というところもあります
優しいから弱々しいわけではなく、しっかりと自分の主張を持っています

魚座の有名人は、スティーブ・ジョブズ、松田聖子、菅田将暉、など

魚座のキーワードは、
癒し、赦し、浄化、救済、アート、舞踊、占い、スピリチュアル、セラピー、ボランティア、芸術活動、精神世界、など
👆このようなことを、体験したり広げていくには良い時期になります

現在魚座には海王星も滞在してるので、
海王星のキーワード
お酒、ドラック、ウイルス、映像、詐欺、など、人を酩酊させるような物も繁栄、発展してしまうということもあるので、その辺りは注意が必要です

2020年から長いコロナ禍の状況で、周りの環境や自分自身を見つめ直した方が、沢山いらっしゃったのではと思います
占星術の個人セッションを通して、厳しい状況下で傷ついてしまった人、傷ついた人を助けようとした人も、一生懸命な様子が伝わりました

個人的には、誰かに依存し依存されるという関係ではなく、魚座の人の様な強く広い優しい気持ちで、自ら自分自身を癒すことができるような、魚座木星期となれば良いなと思っています

とても寒くなって来ましたね、会社の外から見える恵那山です

今年も1年、ハンドでお世話になりました
また2022年も宜しくお願い致します

皆さん、良き魚座木星期をお過ごしください

 

関連記事