BLOG

現場日記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日記
  4. 天体の移動メモー木星魚座へ

天体の移動メモー木星魚座へ

今朝、5月14日木星が水瓶座から魚座へ移動しました
木星の公転周期は約12年なので、1つの星座を約1年で通り過ぎるのですが、2021年は木星は逆行して、水瓶座に戻り再度魚座へ入ります

6月21日魚座木星逆行
7月28日木星水瓶座へ
10月18日木星順行
12月29日再度木星魚座へ

木星と海王星は魚座の支配星なので、この2つの天体が魚座にある時は、魚座と木星、海王星の意味が強調される時期になります
海王星は2011年から魚座にあります

♓魚座は水の柔軟星座
霧や雲のように広がっている変化する水
1か所に集中しないで、全体的にまとめていく性質

キーワードは
自他の境界が曖昧、同調共感力の高さ、直感力、神秘的・象徴的なもの、無私無償の愛、適応力、繊細な感受性、慈悲深さ、癒し、浄化、
インスピレーション、芸術的感性、柔軟性、流れに逆らわない、現実感覚が希薄、無秩序、公私混同しやすい、曖昧、自己犠牲的、など

木星の表すこと
拡大発展、増やす、大きくする、豊かさ、保護、ポジティブ、プラス思考、善意、緩める、寛容、ルーズさ、安易さ、など

海王星の表すこと
夢見、想像力、直感力、スピリチュアル、今ここにないもの、曖昧さ、幻想、ファンタジー、芸術、セラピー、アルコール、濁水、枠を溶かす、など

⇧これらの表すことから、魚座に木星、海王星がある時期は
芸術やスピリチュアル、ボランティア、などに触れることがあったり、そういうものに対して肯定的に考えることができ、受け入れやすい時期となります

占い、セラピー、瞑想、芸術鑑賞、創作活動、ボランティア、奉仕活動、など広げていけそうです

人間関係では、相手の気持ちを汲み取ることができて、共感し合える時ですが、あまり相手のことを深く考え過ぎると、自他の境界が曖昧となり、
自分と相手が混ざり合うような時もあります
自分軸をしっかりと持つことが大事になります

自分はどう思っているのか?
自分は何を感じているのか?
良いことも、悪いことも、すべてありのままの自分を受け入れて認めること
自分と繋がることが、自分への愛なのではないかと思います
自分に対して愛が向けられることができたら、人を愛することもできるのではないでしょうか
愛とは?
いくつになっても永遠のテーマで、学び続けていくのではないかと感じます

良き、木星魚座期間をお過ごしください

関連記事