BLOG

現場日記

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日記
  4. 秋分天秤座の季節

秋分天秤座の季節

ちょっと過ぎてしまいましたが、9月23日は秋分の日で24日に太陽が天秤座へはいりました
過ごしやすい季節になって来ましたね
ハンドの皆さんは、無事に市内の学校のエアコン工事を終えることができました

占星術では、春分を一年の始まりの日と考えます
春分(牡羊座)で春の種まき、夏至(蟹座)で養分を吸収し成長、秋分(天秤座)で育った作物を収穫、
冬至(山羊座)で作物の成果をまとめて保存する、この節目の約3か月ごとをホロスコープで読みます

↑のホロスコープは秋分図です
ホロスコープの7ハウス、対人関係、パートナーシップ、他者や世間へのイメージ、関わる相手全般の特徴を表す部屋に、太陽、水星、金星、火星と天体が4つ集中しています

天秤座は秋分点から始まる風の活動宮、自ら積極的に風を起こしていく星座です
支配星は華やかさ、愛情、魅力を司る金星です
キーワードは人間関係、社交的、パートナーシップ、調停、洗練、交渉、契約、結婚、美的感覚、審美眼、バランス、公平な判断、総合的な判断、相手の立場に立つなど

天秤座の前の乙女座では他人と直接関わる前にその手だてとなる技術や手段を身に着けます
この段階を経て社会という表舞台に自分をアピールしていくのが天秤座です

このことから、この秋分からの3か月は対人関係、パートナーシップが大きなテーマとなりそうです
個人個人どの場面でのテーマになるかは、出生図ホロスコープの部屋で読みます

相手から受取られる自分を意識して自らアクションを起こす
相手からも客観的なリアクションが返ってくる
相手という鏡に映る自分を見る
他者との出会い、関わりを通して自分が何者なのかを知る
自分は本当は誰と関わりたいのか
どのように関わっていくのか
公私のパートナー、パートナー像に何を求めたいのか
迷いながらも自分を主軸に模索していく

というようなことがクローズアップされそうな季節です

関連記事