太陽光発電

太陽光パネルの設置からメンテナンスまで、知識と経験豊富なスタッフが施行いたします。

自然エネルギーを活用した、クリーンでエコな太陽光発電。太陽光が届く場所ならどこでも設置可能です。設置後のサポートやメンテナンスもお任せください。

太陽光発電とは?

太陽光発電は、火力発電や原子力発電のように、燃料を必要としないので、排気ガスやCO2、燃えかす、使用済み燃料の処理なども発生しません。
また、火力発電のようにエンジンやタービンといった稼働部分がないため、故障が発生しにくく信頼性が高いことも特徴です。
地球環境にやさしい安全でクリーンなエネルギーとして、近年普及が進んでいます。

屋根の上の「太陽電池モジュール」という太陽光パネルを通して電気をつくります。
太陽光発電でつくった電気を自動管理するのが太陽光発電システムです。
電気を「つくる」ことから始まり、つくった電気を使える電気に変換、ご自宅の使用電源に送り、余った電気を売電する等の流れをすべて自動で行います。
また、電気をつくれない夜間に電力会社の電気の使用に切り替えるのも自動で行うため、従来と同様に電気をご利用いただけます。

太陽光発電システムについて

①電気をつくる
屋根の上の太陽光パネル(太陽電池モジュール)で太陽の光を集め、直流を発生させます。
②電気を集めて、変換する
発生した直流電流を「接続箱」に集めます。流れる電気の量を調整したり、逆流を防ぐ機能もあります。直流電気を、家庭で使用できるように、電力会社と同じ交流電気に変換します。
③電気を送電して使う
発電した電気を各部屋で使えるように送ります。省エネ家電やLED電球、IHクッキングヒーター、エコキュートなどを取り入れれば、効果的に電気を使用することができます。
④電気を売る
発電して家庭内で使い切れずに余った電気は、売電用メーターで量を計って、電力会社に買い取ってもらいます。
⑤電気を買う
夜間や雨の日など太陽光発電でつくる電気では足りない場合は、従来通り電力会社から電気を買います。

安心のアフターフォロー体制

設置後は太陽光発電メンテナンス技士がサポートします。

当社では、システムの長期保証と安心点検を実施するオプションサービスを準備しております。
太陽光発電システムはすべて自動運転のため、日ごろのお手入れは基本的には不要ですが、設置から5、6年が経過すると何らかの不具合が生じる事象が増えています。例えば、
「汚れ」花粉や黄砂等の汚れが蓄積されていきます。
「劣化」経年劣化でひび割れが発生することも。
「鳥害」太陽光パネルを水と間違えた鳥が度々石を落とすことも。また、鳥の糞は時に大きな故障の原因にもなります。
その他、サビや雑草など様々な要因で、発電量の低下や故障などの事象が起きています。
洗浄など適切なメンテナンスを行うことで、発電効率の減少を抑える効果が期待できます。
*詳細は下記WEBサイトをご確認ください。
一般社団法人 太陽光発電安全保安協会(JPMA)

ほとんどの家に設置可能です。

太陽光発電は、基本的に新築・既築を問わず、ほとんどの家に設置可能です。
太陽電池モジュール(太陽光パネル)は1枚あたり約1~1.2平方メートルあり、最も太陽を受けやすい屋根の南面に設置します。南面が狭い場合には東や西面に設置するケースもありますが、南面と比べると発電量が少なくなります。
また、太陽電池モジュールの容量や設置枚数によっても発電量は異なります。
現在のソーラーパネルはさまざまな屋根に対応できるよう進化していますが、ご自宅の状況によって効率的な設置方法が異なります。

より正確な設置診断や費用対効果などをご案内させていただくため、現地調査を行なっておりますので、お気軽にご相談ください。